平成30年 柳家小満んの会

お江戸日本橋亭 6時半~8時半  2,000円


公演日 演 目
1月13日(土)  犬の字、葱鮪の殿様、明烏
3月13日(火)  泣き塩、道具の意地、百年目
5月13日(日)  薙刀傷、甲府い、へっつい幽霊
7月13日(金)  浮世床、化物娘、涼み舟
9月13日(木)  近江八景、駒長、三十石
11月13日(火)  風呂敷、大仏餅、三井の大黒




 ある数学者が銀婚式の引出物に√-1と染めた風呂敷を配った。i(愛)は全てを包むという洒落だ。風呂敷の元々の用途は浴室用で、その他の使用には平包と云ったようだ。大風呂敷なら大言壮語も包める。
                          (11月会)



平成30年

卯月の独り看板 雪月花  柳家小満ん

国立演芸場《噺小屋》 4月18日(水) 7時開演

全席指定 3,600円  いがぐみ 03-6909-4101






お江戸 日本橋亭 

日本橋本町3-1-6  Tel.3245-1278

入口→


カレー
お江戸
日本橋亭
山本
海苔
鈴屋
←神田駅                 <中央通り>
  
りそな

 三井オリエンタル
三越
本店
◆地下鉄
三越前駅より2分

◆JR
新日本橋駅より2分

◆JR・地下鉄
神田駅より7分

〒114-0002北区王子6-2-60-801 柳家小満ん
このページの制作: 13日クラブ 

小満ん師匠の本
「わが師、  
  桂文楽」

平凡社
1,854円
エッセイ集
「信号待ちで  
  気が変わり」


北越出版
2,000円
江戸東京落語散歩

河出書房新社
 1,680円



昔の本牧亭

TOPページへ
横浜の会
ご案内


小満んはがき集


ライン